一昔前の求人情報に雇いたい人の「性別」まではっきりと書かれていました。

一昔前の求人誌には、「性別」がハッキリと記載されていました。

  • 昔の求人情報には、募集要項の中に「性別」について、書かれているのが一般的でした。ですが今では、「男女雇用機会均等法」が施行された影響もあり、雇用する際、男女差別がしてはならないルールが決まり、求人情報内に「性別」が記載されないまま、現在に至ってます。ですが、求人する会社側には男性・女性のどちらでも良い、とは真意ではないのです。ですから、実際は男手が欲しいジャンルに募集に女性がやってきたり、対称的に、女性が必要なのに、男性がエントリーしてきたり、といったトラブルは誰にも起こり得ます。仮に、「女性が活躍している仕事場です」の記載がある場合、女性を希望しているのだと解釈しておいた方が良いでしょう。
  • 雇用中には、可能であれば、社内の人間に気づかれないよう・・

  • 就労であるのなら、可能なかぎりこっそりと、(自身のときは)前職中に「転社するかも」という意思表示だけをはじめの時期に同僚に話してみました。だが、それから、求人を探してみたものの、転職先や転職時期さえも無計画なまま決まらずいつの間にか時間だけが過ぎてしまいました。そしてその一方で、会社の側は、仕事の引き継ぎ予定や手続き、自身の退職日などが決定していき、さいごは「退職予定日に合わせてとりあえず就職(できる)先を決める」といった、お粗末な事態になってしまいました。ですが予定は噛み合うこともなく、失職期間を経験したあとで、次の就業先を探すことになりました。
  • 転職の際、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと思っている人・・

  • 転職で、正社員ではなく派遣社員という勤務形態を考えている方に覚えてほしいポイントが数点あります。なんとなく派遣業務については、データの入力、その他雑用等をのような業務をぼんやりと想像した人がおそらく多々ありますよね。はじめは私自身もまさにそう思っていました。現在働いている企業に入社するまでは「派遣社員」の募集に応募した際に、「お願いしたい業務は電話対応になります」と直接派遣会社からも説明も受けてました。ところが、実際に業務に掛かると、まさか「電話対応」にプラスして、退職した正社員の穴埋め役を要求されました。毎回振り回されますし、当初の説明とは全く違うので日々全くわからないような内容でしたので、今は、ひたすら「はやく契約終了日とならないかな」と願うばかりです。
  • 最初に転職を行う場合、注意しなければいけないのはなぜ現職を辞めたい・・

  • 最初に転職をするのであれば、気を付けるべきことはどうして今の仕事を辞めたいかをハッキリしておく必要があります。その理由こそが根本問題なので、必ず考えておくべきです。その後問題改善が見込める会社を選択していきましょう。社会に出てからの転職活動は、新卒の就職活動とは大きく異なり、今の仕事を続けながら就職活動していくので、時間と体力が必要です。そのため問題の明確化ができていない状態で転職活動をした場合、途中で行き詰まってしまう危険があります。何がなんでも転職したい、現状を変えたいといった強い意志がない場合は、転職活動をスタートするのは保留にしておいた方が良いです。
  • 転職すると高確率で以前の仕事の大方の出来事は美化されます。

  • 転職すると高確率で以前の会社の仕事は出来事は美化されます。本来は今の待遇にダメだからそういった思いを払拭するためにやっと新たな仕事に就いたのに、しばらくして過去を振り返ると、どういうわけか「前の仕事のほうが良かったかも」と感じるのです。それというのは当たり前で、以前の職では業務に慣れていて、楽にまいにちの業務をあっさりと消化できていたのも一番の根底にあるでしょう。だが実際は「やっぱり退職なんてしないほうが良かった」と心底思うほど、前職の方が報酬も報酬が良い場合もあります。
  • 求人についての情報を見てみると、とうぜんまともな職場…

  • 求人関連の情報誌やサイトを見てみると、ほとんどの場合、普通の企業では月の給与が明記されています。ただしこの月収を見る時には、しっかり確認する事が大切です。額の多い少ないだけを見て判断しないほうが良いです。実はもしかすると、月収の金額の中に月15時間残業の場合が条件になっているかもしれません。何が問題かというと残業代の金額を入れることで魅力的な案件のように見せかけ、募集しているケースも考えられるのです。また、「歩合給」をつけると表記している案件にも注意が必要です。歩合の割合をかなり多めにした上で、月収を高く見せている可能性が考えられます。ですから、こういった「不誠実」極まりない案件は、近づかないほうが良いでしょう。
  • 再就職時の採用面接では、小規模業者であれば概ねは人事担当者になります・・

  • 再就職の際の採用面接では、中小企業クラスの場合、その社内の「人事」担当が面接官になりますが、100%ではないのです。例えば、これから仕事を一緒にしていく現場の一番偉い人、要するに管理職である部長や課長が面接する可能性も考えられます。また事務・営業などのカテゴリでは、資格などで具体的なイメージがないので、なんといっても自分という人物を売り込んでいくことがとても必要であります。面接担当者たちから「この候補者はハッキリ自己アピールできるし、それになかなかの戦力になりそう」と思わせ、覚えていてもらうことがとても大切です。