これはシフトの仕事についての話なのですが、毎週、同じ曜日…

これはシフトの仕事についてです。

  • これはシフト制のある仕事についての話なのですが、一定の曜日に仕事できる人を募集する求人をよく目にするのですが、もしも応募しようと考えているならシフトの提出方法や休み方を前もってチェックしておいたほうが良いです。私は以前出産のため休む人の穴埋めとして、正社員として入社したのですが、私のシフトが「土日」固定となるシフトで、新入社員の私以外は、誰一人現場にいませんでした。前任の女性が「土日」にかならず出られる人だったので、私もそう思われていたみたいです。ですから「土日」に外せない用事が入った場合、シフトを変更してもらう必要があり、同じ部署の先輩方に「代わりに出勤していただけませんか?」と自ら頭を下げなくてはいけませんでした。給料も立場も同等なのに土日を私1人だけに任せるって、どういうことなのでしょう?思い出すと「本当におかしな職場だった」としか言いようがありません。
  • 近年の転職事情では、政治による影響が出始めています。

  • 政治によって変化の兆しが出始めている転職事情ですが、今の安倍政権では、「アベノミクス」や「三本の矢」などの新たに多くの経済政策が盛り込まれています。経済政策共々日銀主導の金融政策とも、たがいに作用しあって、財界や企業間でも次の世代の社会的な変化が具現化されてきています。そのこともあって民間企業の側でも今度は若者世代の人口減少、現役世代の大量退職によって生じる「人員不足」がクローズアップされています。なお、「外国人労働者」の比率を今以上に高めていく前提と現政権は宣言しています。外国人労働者の増加に伴い、国内の雇用や転職問題についても大きく幅が広がりそうです。このような社会情勢の変化のなかで、日本国内の雇用状況や転職状況も大きな影響を及ぼすことは間違いありません。
  • 派遣として勤務しています。労働契約法のおかげでやむを得・・

  • 派遣で勤務しています。派遣法とか労働契約法の関係で否応なく、長い期間働いた派遣先での仕事があとわずかで終わります。同じ派遣である方の中には、派遣の勤務先で正規社員としての契約をつかみ取った人もいるのですが選ばれた理由としては実際のところ仕事の腕とは関係なく派遣先の上司へのごますりが上手な方でそのおかげでお引き立てがあったとしか考えられません。業務処理能力よりもおじさんにゴマをするスキルの方が重要なんだねーと選考に漏れた別の派遣のメンバーといつも不満をたれています。
  • 現職からの転身の決意したのなら、徹底的に社内の人間・・

  • 万が一、転身の決心を固めたなら、あくまで周囲の人間にはひそかにその意思がばれないように、首尾よく活動していき、転職先が決まらないうちは、徹底的に社内の人間に知られないように通常通りに仕事をするのがたいへん利口です。転職先が決まっていない間、その点を自覚しておくと、希望通りの希望に沿う転職先を容易に見つけられなくても、転職の予定を遅らせながら、現在の仕事をそれまで通りに残っても何も問題ありません。でも「転職するつもりでいる」と口にしてしまうと、周囲はその言葉を受けた行動をします。そのうえ周囲に「辞めるつもりです」と言ってしまうと周りからは「あの人は転職する予定の人」と確定します。そのようなシチュエーションになってから、転職の気持ちが冷めて、「やっぱり退職しないことにしました」となっても、周りは「一度は辞めようとした人」という目であなたを見るため、仕事中ずっと、身の置き所がないと感じる可能性が高いです。
  • 職を変えようとしようとしている時にマークする求人情報について…

  • 仕事を探している際にチェックする募集事項に関しては、一般的なものとして書いてある可能性もあり得ます。ですから、掲載内容が全部正しいとは簡単に信頼するのはやめておいたほうが好ましいでしょう。特に給与面に関しては、一般的な値なのか?最低額なのか?最高額なのか?といったジャッジができない人も多く、独断で決め込んでしまうと、後々そのことを悔いる確率もあり得ます。なので、後悔しないようにするためにも、仕事の情報というのは、基準だと思って、そのようなたいへん肝心な内容は会社側に直接問い合わせた方がよろしいでしょう。
  • 転職活動を行っていて面接のときに例外なく尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

  • 転職活動を行っていると面接時に必ず聞かれるのは志望動機と転職理由の2つです。これらのうち志望動機については、正直に話してもかまいませんが、これとは異なり転職理由についてそのまま伝えるのは賢明ではありません。給料の不満、上司と相性が悪いことなど、面接官に悪いイメージを与えやすいものです。たぶん、自分にとってマイナスになると予想されることを何も考えずに話す人はほとんどいないと思いますが、転職先の企業では、そういったマイナス点を重視しやすいので、あなたに対し、慎重に「探り」を入れてくるものと考えておきましょう。これに対して悪いイメージを与えずに答える方法としては、現職の仕事内容から脱線する箇所には一切触れないことです。さらに、この会社に入社してこんなことをしたい、5年以内にこんなゴールを達成したい、その希望が叶うのは御社しかありません、と話をすり替えてポジティブな印象を与えるようにしましょう。
  • 近年、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」をはじ・・

  • 現代はネット上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、ヘッドハンティングの請負ををビジネスとする会社も増えてきました。あなたに特許権取得の経歴があるなら、ヘッドハンティングされることが期待できます。彼らは、特許を取った人に限らず、研究開発で論文を書いた実績のある人や、マスコミで紹介されている人など、何かしらの「功績」を残したと思しき人をターゲットに、電話やメールでコンタクトを取り、ヘッドハンティングのネタにしようと腐心しています。仮に、あなたがヘッドハンディングのような連絡があった場合は、そのような心当たりを考えましょう。ここ最近は、ヘッドハンディングのように見せかけて、登録料を要求しようとする業者もありますが、その手の会社はむろん詐欺といえるので引っかからないように注意しましょう。報酬は登録している会社が払うので転職希望者がお金を払う必要などありません。