婚活(結婚活動)をしている人のなかには、結婚を考えたとき、一番に何を求めるかと聞かれた場合…

結婚活動において、結婚する相手に求めることとしてお金以上に愛情を優先し…

  • 結婚活動(婚活)では、パートナーに求める条件としてお金なんかより愛情に重きをおいていると言う人もいるでしょうが、現実、プロフで最初に注目してしまうのは顔なんです。次に年収、その次に職業がチェックされます。その根拠といえるのは、ブサイクな見た目、は候補になることもないですし、年収が500万円に満たない男性は女性と出会う機会もガクンと落ちます。職業も女性の場合は、それなりの年齢なのに家事手伝いなどと記載していれば、仕事をして家計を支える気なんてない女性、と思われ男性からは結婚対象としてはずされる可能性が高いです。このような婚活で最も重視される事実を疎かにしていると、まず第一段階の直接会って話をする段階すら踏めず、気づけば何十連敗、、、という事態にもなりかねません。

  • 愛される|これから先、あなたが婚活パーティーに参加しようと考えているな…

  • 近い内に、婚活でするパーティーに行くのなら、パーティーで男性受けの良い服装やメイク、ヘアスタイルを意識することはとても大切です。おしゃれした方が良いのはもちろんですが、着飾るほど受けが良いというワケではなく、そして、自身の中のおしゃれでもなくあくまで男性受けがメイン、であることを意識しましょう。それと、何度も実際にパーティーに参加した私からのアドバイスですが、すぐに見て、ブランド品だとわかるようなバッグ・アクセサリはできるだけ持っていかないほうが良いです。というのも、「この女性はお金を贅沢に使う」と捉えられて男性からは、敬遠されるからです。あと、流行りを意識しすぎた服装でパーティーに参加するよりも、あまり目立たないファッションで清潔感のあるほうがかえって男性の好感度は高くなったりもします。

  • 結婚活動が目的のイベントに出席するときは、ヒール丈が8センチ以上のハイヒ・・

  • 結婚活動目的で開催されるイベントに参加する場合は、ハイヒール(丈が高すぎるもの)の使用は控えるべきです。これは、私自身も初耳でした。それに、意外と認知されていないせいか、うっかりミスしてしまう、といった女性が多いと聞きます。実際に、結婚活動イベントでも、見かけることが少なくないような気がします。社内のルールでも、ヒールは○センチ以内、という決めごとがあったりします。結婚活動目的のイベントでタブーとされているのも、これと同じような理屈でしょう。男性を下に見ないように、圧迫されるような感じをへらす、配慮が必要、というワケです。私は背が高いほうで、そもそもヒール丈の高いものを履いて行きませんでしたが小柄な女性は、体型を良く見せたいために、意外とハイヒールを選択しようとします。婚活で成功を得たいのなら、3センチから5センチくらいのヒール丈が無難です。きれいに見せたいからと言ってあえてヒールを履こうとしないように注意してください。

  • 婚活で上手くいくにはいくつか注意しておくべき点があります。

  • 婚活で成果を出したいのであれば、幾つかポイントがあります。その注意しておくべき点というのは、「3回目のデート」なのですが、これは、その後の相手との進展に多大なる影響を与えることになる可能性があるからです。ほとんどの人が、初めて会うときも、その次も、まだ、お互いに緊張感が解けにくく、相手に引かれるような大きな失敗は避けやすいものの、3回目になれば、相手に慣れてきて、徐々に相手に醜態を晒してしまい、その時点で婚活が失敗に終わる可能性もあります。「以前から悪癖がなおらない」といったように、なんとなくしてしまう悪い癖があるといった人は、相手にそれがばれないように注意しましょう。たとえば、向かい合って会話しているときに無意識に爪を噛む、髪をかきむしる、スマホをいじる、また、おしぼりで顔を拭いたりなど、誰かに言われれないと気付かない癖はあるので相手が楽しく過ごせるように、自身のマナーを再点検してみましょう。

  • 結婚活動に悩んでいるのは主に30・40代です。

  • 結婚活動で悩みを抱えやすいのは、主に30代、40代が多いのです。少し前までは、20代で結婚される人が大半でした。ですが、多くの女性の社会進出とともに、30代に入って結婚したり、出産する方が昔に比べると増加しています。でも、女性の社会的な地位が確立されるほど、相手の基準もそういった社会的背景から厳しくなるものです。「良い男性が見つかられない」と思うのであれば、30代~40代を対象とする結婚活動サイトを選択してみましょう。「ハイレベル婚活」というサービスもあり、セレブ的な婚活を目指す人に最適といえます。

  • 愛される|結婚活動(婚活)においては、基本ともいえるルールというものがあります。

  • 最終目的が結婚である結婚活動(婚活)においては、ルールというものがあります。結婚活動するうえで、最低限のマナーでもありますが、真摯に結婚を視野に入れて相手を見つける、です。例えば現在、あなたに恋人がおらず婚活をしてみようと考えたとします。その時は、まず、最終目的として結婚が自分の意思としてあるのか再確認してみてください。当然のことですが、婚活サイトの利用者は、真面目に結婚を考えていて、真剣な想いで結婚相手を探している人ばかりです。結婚の意思がないのに、婚活サイトの会員になることは基本的に規約違反に該当します。そのうえ、真剣に結婚相手を探している人たちからすれば、迷惑でしかありません。仮にあなたが、結婚願望がないのであれば、また、結婚目的ではない場合は、婚活サイトではなく、恋愛活動アプリを活用してみるのがおすすめです。恋活アプリでは、恋愛がテーマなので、ベターといえます。