私が求職中のころかなり何個かの人材紹介会社に登録していました。

自分が求職中のころ割とたくさんの人材紹介会社に登録していたのですが、…

  • 私が勤め口を探していたころたいへん多くの人材紹介会社に登録していたことがあります。その時に感じたこと、それは転職のアドバイザーのレベルも本当に多種多様で大方は物足りない人ばかり。私にとっては、とても大切なことなのにもっと思い入れを込めて向き合ってほしいという想いがいっぱいになりました。そのことが契機となってキャリアカウンセラーを志すことになりました。資格取得のためには費用もかかったし資格取得のための勉強に関してもかなりハードなわけですが、仕事を探している方から信用してもらえる存在になるべく頑張っています。

  • 派遣会社に登録して仕事をしている人が近時多くなってきています。

  • 派遣会社を通して仕事をする人が徐々に多くなってきています。仮にあなたが派遣社員として働くつもりなら、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がいくらで、どのくらいの金額(または比率)、自分に入ってくるかをなるたけ面接の際に聞いておくべきです。派遣業は、労働力を欲する会社に人材を派遣し、その見返りとして、手数料を徴収するシステムなのですが、実際に派遣される労働者の取り分をうやむやにしている場合が少なくありません。50%以上の額を労働者に還元しているのであれば、まだいいのですが、中には開示すらされない派遣業者も少なくなく、気が付くと3割だけ労働者に還元して、残りは全部自分のものにするケースも多いです。面接時に、まじめに回答に答えてくれない派遣業者は、不都合な点を何も教えない傾向が強いので、極力その派遣会社で働くことを断念するのが賢明です。

  • この話は友人からの話です。就職活動を始めて新卒採用に…

  • こういう転職ができたという話は知り合いからの話です。始めに新卒でどうしても勤務したかった憧れのA社の最終面接を受けながら内定を得ることができず、それから後他の会社につきました。その後約1年半経過した頃に派遣の求人のサイトの中で偶然A社の紹介予定派遣の仕事を見つけ、いてもたってもいられなくなり当時の会社を即退職し、A社で派遣での勤務を開始、一生懸命頑張ってその後計画通りにA社で正社員登用され、今ではやりがいを感じつつ明るく働いています。

  • 転職を視野に入れているなら頻繁にたくさんの会社の募集…

  • 転職するつもりなら、労を惜しまず頻繁に企業の情報を普段からチェックしておけば転職した後の見る目にかなり役立ちます。今現在の職場に何かしらの不満があるケースでは、本格的に転職活動を開始した時に、どんな企業でもいいように見えてしまいます。そういった状況下では、どこを選択するべきか、迷ってしまい、判断を誤る可能性も少なくありません。すると、最終的には短期で転職を考える羽目になるので、前もって会社を見る目を養っておくべきなのです。方法としては、転職したい会社の雇用に関わる情報だけ見るのではなく、その会社の「取引している会社」を見るのがオススメです。透明性ある良い企業は、取引先を公開していますし、逆にそういった会社ではない場合、宣伝に力を入れる傾向があるので、チェックをする目安になります。そのうえ、会社によっては、個人でのグループに入っている企業があるので、グループの名前をチェックし、詳細に目を通してみてください。

  • もしあなたが再就職を考えた場合、U・J・Iターンで大都市から地方に移って再就職した…

  • もしあなたが再就職をするとき、「Uターン」「Iターン」において都市部から地方に移住した上で転職したい、と検討している人、実践している人が増えています。最近は求人情報サイトを見れば、郊外や地方の求人もいつでも閲覧できるようになりました。残念ながら地方や郊外での求人は大都会のそれよりも内容が薄く、数も少ないので、その点がマイナスといえます。といった性質上の問題があるので、求人サイトだけに頼り切ると機会損失が大きくなるので要注意。転職サイトに加え、「地方自治体・商工会議所」といったサイトもしっかり確認しておかれることをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」など、行政が開催する転職サポート系のイベントについても注意してみておきましょう。

  • 転職するための期間中は、知らず知らずのうちに時間に余裕がある分、…

  • 転職するための期間中は、そういう風にしたいわけではないのに時間がある分、ダラダラと過ごしてしまいがちです。だとしても、そういった生活に慣れてしまうのは危険です。不思議なもので、緊張感のない、だらけた生活をしていると、「心」にも悪影響が出やすいためです。いつの間にか仕事をしようとする意欲が湧かず、お金が回らなくなって困る状況にも・・・。そうなってしまうと、悪いサイクルができてしまい、転職をしたい会社をなかなか決められなくなります。再就職先を決められないのは、もらえるお金を第一に考えてしまうからです。お金を一番に考えざるを得ない状況ではキャリアアップのために転職に踏み出したとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。そんなわけで、お金に縛られない生活をしていく上で、だれた生活は、止めておきましょう。

  • 転職活動を現職と同時に行う人は少なくありません。

  • 転職活動を現職と同時に行っている人は少なくありません。ただ、仕事を続けながら求人を探し応募したり、面接に行くのは時間調整も含めて消耗が激しいといえるでしょう。転職活動中は、現在の職場の同僚や上司にその動きを悟られないようにしなければいけません。先のことを考えずに応募する、という人がいますが、仮に、そのまま書類選考が通り、面接に呼ばれたあと「辞退」した場合に、今後の転職活動に支障をきたすおそれがあります。エージェントを介していた場合は、そのエージェントに対する印象に響きますし、そうではなく自分で直接応募した場合も応募した会社から電話・メールで繰り返ししつこく連絡が入ってしまいます。どちらにせよ自分の貴重な時間を浪費することになるので、行く気のない案件は、最初から応募しないのが正解です。転職活動は新卒の就活とは全く違うものであると意識しておくと、賢い判断ができるはずです。