愛される|これまで婚活についてあまり知識のなかった私の場合、結婚活動での成功率を上げるため…

婚活に関して知識のなかった私は婚活をするうえで、テレビ番組の情報を参考にしてみました…

  • 婚活についてあまり知識のなかった私は結婚活動のために、テレビ番組の情報を参考にしてみましたが、テレビ番組に登場する婚活実践者さんたちを見ていると、自分のモチベーションにつながりました。そのようなこともあり、自分自身も婚活でやっているイベントにも出てみたいと思い始めました。またそういったテレビ番組では、婚活している様子だけでなく婚活の情報がよく紹介されていました。そのような知識のない自分にとっては本当に勉強になりましたし、その場で、「自分を過剰に飾らない」が大切なことなんだと学びました。つまり自分を飾ることなく、ありのままを相手に見せることで相手に信頼してもらえるのですね。今後の婚活では婚活に取り組んでみようと思います。

    結婚活動(婚活)でうまくいくには、何か重要なアイテムが必要なの…

  • 結婚活動を成功させるには、何かしら特殊なアイテムがあると自問自答していたことがあります。私が婚活を始めようと決めた当初は自分一人で結婚活動(婚活)しても、相手は見るかるものだと思い込んでいたのですが、相手を見つけられなかったからです。今になって思うと、婚活しようという気持ちが先走っていただけで良い結婚相手をどうやって見つけるか、全く知らなかったのです。そのため、ネットで色々と調べたり友人に相談してみたりして、ネットを用いて結婚活動できることを知ったのです。そうして必死にインターネットを用いて、婚活を改めて始めたのですが、喜ばしいことに、良い兆しが出始めました。ネットでできる婚活サイト、というものは実にたくさんあって、面白いと思いました。とりあえず、気に入ったものに登録してみるとこれまで、行き詰っていたことが嘘のように、一気に選択肢が広がりました。私はその時、「今の時代だからこそ、結婚活動するにはインターネット環境を揃えることが必須」と悟りました。絶対、間違ってはないでしょう。

    婚活として生涯の伴侶を探すため、結婚紹介所に会員登録をしてみると…

  • 結婚するために、結婚相談所に会員登録をして婚活を始めると、何度も門前払いな扱いを受ける経験をすることもあるでしょう。どういうことかというと、プロフィールを目を通した時点で断られたり、相手の選択肢から除外されてしまうことです。そして、門前払いとまでいかなくともプロフィールで選ばれたとして、その後のお見合いでフラれることもあります。ですが、何のこれしき!という気持ちが大切です。そのくじけない原動力というのは人によりけりでしょうが、年に関係なく、子供を残すためには相手が必要という大義があるときっといつかは、良い相手に巡り会えるはず、結婚できる、と前向きに進んでいけます。因みに私の場合、断られても立ち直ってこれたのは、結局のところ身体の関係を持ちたい、と思うスケベ根性が婚活での気力を支えるキッカケとなりました。そんなわけで、あなた自身も結婚活動を途中で投げ出さないように、自分を突き動かす原動力となるものを意識し婚活していくように考えてみましょう。

    数十年もの長い間、ともに仲良く生活している夫婦のことを…

  • 非常に長い間、ともに仲良く生活している夫婦のことを「おしどり夫婦」といいますが、愛情だけで良い夫婦関係が永続できるとは限りません。いかにパートナーの嫌だと思う部分を許容できるかも関係を続ける上では大切だったりします。すぐに別れてしまうパートナー同士も、その元凶となることは、相手を認められなくなる何かがあるためでしょう、結婚生活の場合、当然、毎日顔を合わせなくてはならないので、あなたに彼氏・彼女ができてもすぐに別れてしまうことが多かったと自覚のある人は、その相手の無意識に繰り返すしぐさや、口癖などにカチンときた場合、時間の経過とともに、許せるのかどうかを試してみてください。しばらく一緒にいてみて、カチンとしてしまうのなら、関係が破綻してしまうかもしれません。相手の言動にモヤモヤしてしまう場合は、毎日のようにケンカが絶えず、息をしているだけでストレスに感じる可能性もあります。

    婚活では、誠実な人柄や、真面目な人かどうかが大事なことであると思われがちですが、…

  • 婚活においては、誠実な性格や、真面目であるかどうかいったことが結果に直結するかと思いきや、実際のところは、そうでもなさそうです。婚活目的で行われるパーティーを体験すると、実際は、コミュニケーションのスキルもかなり重要で、楽しい話を延々とできるような相手を選ぶ傾向があると気づきます。男性なら、ずっと真面目に生きてきただけの面白さを欠いた人よりも女性に慣れているコミュニケーション能力が優れている人のほうが女性からの反応が良い傾向にあります。一方、女性の場合は、清純そうでおとなしい人が理想ですなんて男性は言いますが、あまり清楚すぎるのも考えものです。というのも、遊びのあの字も知らないタイプの女性には面白みを感じないからなのです。男であろうが女であろうが、どちらにも言えることですが、楽しく話しができるかどうかが結婚活動では有利になると肝に銘じておきましょう。

    私が長く結婚活動をやっていて痛感している事があります。それというの…

  • 私がしばらく婚活をしてきてハッキリわかった事があります。それというのが、看護師さんや保育士さんは男性からの評価も高いですが、医療関係者、介護職員といった仕事はモテないということです。派手な感じの女性はどういうわけか敬遠されやすく、地味で暗い女のほうがなぜか有利になる。地味なほうが有利。そのうえ、目に留まる美人より、すごいブスよりも、愛想のよいブスが一番モテる、ということです。婚活が目的のパーティーや合コンで成立するカップルを見ていると、いつも上記のような法則があります。「この人って、雰囲気が暗いし、見た目も地味だなぁ」と見ていて感じるのに、「看護師やってます」と一言言うだけで、異性からの人気を勝ち得てしまうのですから、不条理に感じます。男性はどうしてそういう気持ちの変化が出てくるのでしょう?少し前に合コンに参加した時、私と意気投合していたはずの男性を遅刻してきた女性(看護師)に取られてしまいました。ほんとに悔しいです。