以前は、求人情報は「転職サイト」よりも、「ハローワーク」を活用していました。

これまでは求人情報は「転職サイト」よりも、私はハローワーク派でした。

以前の私は、転職サイトを利用するよりも、「ハローワーク」を使っていました。なぜなら、規模の大きな「転職サイト」は、どうしても都会を中心にした求人情報ばかり掲載してあるからです。そのため、求人情報をリサーチする際は、いつも「ハローワーク」を使っていました。やっぱり、人気の転職サイトに掲載されている求人より多少知名度は低くなりますが、古くから地域密着型なため、安心して面接に進むことができます。「ハローワークはなんとなく地味なイメージがある」と思われている人がかなり多いと思います。以外にも、良い求人情報も載ってたりもするので、これから転職予定の方は、お近くのハローワークへ1度行って様子を見ておくのも良いと思います。有名な転職サイトのように大量のお知らせやメールが送られてくることもありません。

転職活動中に、気になった求人(もしくは業界)を見つけた際・・

将来転職活動をされるなら、気になる求人(業種)を見た際にしっかり「〇〇業(気になる職業)、ブラック」とインターネットで検索し目を通しておくべきです。求人票・転職エージェントでは、業界に関するマイナス面についてアドバイスしてもらえません。もしも、ブラック企業体質な業界であれば、インターネット検索でカンタンにおおまかな実態を理解できます。そのような手間を惜しんで会社に入ると、あとになって入ったことを後悔してしまうかもしれません。そもそも求人が出ていた理由が「内容がきつく、人が辞めて穴が開く」という場合がかなり多いため、目に留まった業種や案件に関しては、注意したほうが良いでしょう。

転職する時に行われる面接のときにつける腕時計は、目を惹くタイ・・

転職時の面接につけていく腕時計は、どう見ても目立つタイプの腕時計は避けたほうが安心です。この場合の腕時計で目立つものというのは高そうなデザインだったり、反対にチープなものの印象を与えるとか、そういった目を惹くという意味であって真逆で目立つのだと認識しておきましょう。面接のときにつける腕時計に関してもポジション的にはネクタイやスーツと同様に、面接にふさわしい安全なものをつけた方が良いと言えます。けれども、自分の年齢にあっているということも大切なことで、新卒の時に着けていたものよりは少しでも高級感のある腕時計にした方が好印象であるということは断言できます。

派遣でのお仕事が決定しました。

派遣として働く会社が決定しました。勤務1日目に営業の担当の方と就業場所に近いコンビニで落ち合う約束をしていたのですが、なぜか約束した店の前にいないから店の中にいるのだろうと考え店の中に入ったところ、担当者はなんと雑誌売り場でしゃがみ込んでいやらしいグラビアのところを開けてじっと見ているのを発見しました。こんな人が自分を担当するなんて絶対嫌だと思って、そこで声をかけず気付かれないようにお店を出て即座に派遣会社に辞退する旨の連絡を入れました。

以前は看護婦という名前だった看護師というのは務めとし…

以前は看護婦と言った看護師という仕事は、やっぱり女性比率がかなり大きい職種です。しかも、気力だけでなく体力へのかなり消耗しやすい過酷な現場が少なくありません。であるがゆえに、職場の人間関係にトラブルを抱えやすく、自分の結婚・出産といったそれまでの勤務が続けられなかったりして、仕事とプライベートとの両立が取りづらい業種ともいえます。実際、上記のような問題に行き詰まり、転職される人が多いというのも事実です。色々と過酷な環境であるために、看護師は、国内のどのエリアでも人材不足に悩まされています。つねに各病院は、看護師を募集する「売り手市場」であり、転職の増加を後押しする状態に拍車を掛けています。

転職エージェントは一度登録すると、執拗に電話やメールをしてきます。

「転職エージェント」では、登録後、電話やメールでしつこいくらい連絡が入ってきます。これに対して何も知らずに利用しはじめた人はかなり驚くケースが多いです。転職エージェントは転職を助けることが仕事なので、大変積極的な姿勢でいます。とりわけ大手のエージェントは成就させると企業からお金を受け取るシステムといえるので、転職活動を行っている人の都合よりも企業側を優先的に考えることが少なくありません。転職できそうな会社に入れようとする傾向にあるため、内定が取れると間髪入れずに、「入社されてはどうでしょうか?」と半ば強引に説得してきます。対抗策として自分の気持ちや意思を自身で整理しておき、無理に転職しないように気を付けなければいけません。

再就職時の面接でほぼ100%聞かれるのは辞職した原因です・・

転職の面接でほぼ100%問いかけられるのが前職を退職した理由なわけですが、このような質問になった際には話題の中心を前職からそらしたほうが安心です。会社を退職した理由が中心となり話が進むとどうしてもマイナス要素を伴った内容になってしまいますから。どのように話せばいいかと言えば、なぜ前の職場を退職したかという点をこちらの会社にどうしても入りたいという考えがあったからという内容に向けていくということで、自己アピールもかねて今、自分が入りたい会社の方に話の内容を向けていくべきなのです。行きたい会社の話だと悪い面ではなく好印象の前の職場を去った理由に聞こえます。