私は20代で転職を2回経験し、現在、資格を手に入れたい…

私は20代までに転職2回で、今現在は資格の勉強をしなが…

  • これまで20代前半の時点で転職を数回し、そして現在、複数の資格をとるために、「派遣社員」で働くことにしました。常勤の勤務を選択しなかったのでやはり給料は過去の仕事よりも少ないです。しかしその分、前よりも心と時間に大きな余裕が生まれ、満足しています。思い返すと、学生時代にいくつか資格を取得し、就職すればムダがないのに、と悔いはちょっとあります。実際、そういった成功例を間近に見てしまうと自分もこうなりたかったと見えてしまいます。これまでは、自分と他人を比べてしまい、劣等感を感じていましたが、しかし現在は、結婚を契機に生活自体が大きく変化し、その中で将来の目標も定まったのでしあわせな生活を送れるようになりました。

    過去に失業保険を受けた経験のない人は、「自動的にもらえる社会保障」と考えている…

  • 生まれて初めて失業保険の給付を受けるケースでは、何もしなくても給付されると考えている人がかなりいますが、それは正しくありません。実際は、失業保険を希望通りに受け取り続けるためには、「就職活動」をしてなくてはダメで、その上で、月に一回以上はハローワークに行かなければいけません。1ヶ月ごとに職員に就職活動の状況を報告してきちんと就職活動をしていることを信じてもらえれば翌月、保険が給付されるという仕組みになっています。対称的に、真剣に就職活動をしていないと思われたり、月に一度の職員との面談に顔を出さない場合は、問答無用で給付を一時的に止められたり、場合によっては以降の給付資格を失うことになるので注意してください。

    何年か前までの求人誌では、雇用側が必要とする「性別」につい・・

  • かつては求人誌には、性別がハッキリと記載されていました。しかしながら現在では、男女雇用機会均等法によって、採用において、男女の差別がしてはいけない事となり、募集要項の概要に「性別」が記載されなくなりました。そういった時代になったのですが、求人情報を出す企業は、男女どちらでも良い、とは本音では思っていません。なので、実は男性が必要なのに、募集に女性がやってきたり、女手が必要なのに男性が応募してきたり、というようなトラブルに遭遇するケースもちらほら。たとえば、「女性が活躍している職場です」なんて書かれている求人募集の場合は、雇用主が「女性」を必要としている、と認識しておくトラブルを避けられます。

    在職期間にあるときは、可能なかぎり周りの人間に悟られないよう…

  • 在職中であるのなら、できたら、周囲にバレないよう(私の転職活動では)就労期間中に転身したいという意図のみをはじめのうちに周りの人に話してみました。けれど、その後に求人サイトを探してみたものの、結局就職先やタイミングも何も決まらずダラダラ時間がムダになるだけでした。その傍ら、会社のほうは、退職に関わる引継ぎや手続き、自身の退職予定日などが確定していき、そして最終的には、「退職予定日に合わせて転職先を決める」という、お粗末な状況になってしまいました。そして、思うような展開にはならず、失業期間を経験したのち、次の就業先を探す流れになりました。

    これから転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」で考えている人…

  • 転職の際、「派遣社員」として、転職を考えている人にチェックしてもらいたいことが数点あります。派遣社員というと、お茶出し、電話対応などの雑務、雑用等をのようなものをなんとなく連想される方がおそらくいるはずです。私もまさにそう思っていました。今、勤めている職場に入社するまでは「派遣社員」の募集に応募したときに「お願いしたい業務は電話対応になります」と派遣会社からも説明も受けてました。ですが、いざ入社したとたん、まさか「電話対応」以外に、辞めた正社員の業務の穴埋めを任されてしまいました。何をしていいのかもよくわからず、面接のときの説明とは異なる内容ばかりなので日々非常に困っています。とにかく、「はやく契約期間が終わってほしい」と願うばかりです。

    生まれてはじめて転職をする際、頭に入れておくべきなの・・

  • 最初に転職を行う際、重要なのはなぜ今の仕事を辞める必要があるのかについてクリアにしておくことだと考えられます。その理由が根本問題なので、やっておくのが賢明でしょう。そして問題改善が見込める企業を選択してみてください。既卒者の転職活動は、在学中の就職活動とは違い、今の仕事を勤めながら就職活動しなくてはならないため、時間と体力を消耗します。したがって明確な理由がないままに転職しようとした場合、目標の途中で息切れしてしまいます。何とか転職したい、現状に変化を加えたいといった強い意志がない場合は、転職活動を行うのはあきらめましょう。

    仕事を変えると、だいたいの場合は以前の会社の仕事・・

  • 職を変えた際には、高確率でそれまでの会社の仕事での美化されるものです。本当のところ現在の職に合意できないから、そういった思いを解決するべくせっかく転職を決めたはずなのに、しばらくして過去を振り返ると、どうしてかわからないけれど新しい会社よりも「前の仕事のほうが良かったかも」と思うことは多いです。というのも自然なことで、以前の職では日々の仕事をこなすことに慣れきっていて苦労なく与えられた業務も淡々とこなせていたのが、一番の根底にあるでしょう。とはいえ「やっぱり転職するんじゃなかった」というほど、前の仕事のほうが待遇や労働環境が良い可能性もあるはずです。