転職活動中に、面接時に必ず尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。

転職活動をやっていると、面接で間違いなく尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

  • 転職活動を行っていると面接においてほぼ例外なく「志望動機」「転職理由」の2点を訊かれます。志望動機に限っては、隠さずに伝えてもOKですが、これとは異なり転職理由についてそのまま話すのは問題です。転職理由でよくある給与に関する不満、同僚や上司とのトラブルなど、聞いている側が良い印象を持ってくれることありません。過去のマイナスをそのまま話する人は稀だとは思いますが、採用担当者はそのような部分を注視しやすいので、慎重に質問してくると考えておくべきです。現職の不満を相手へ伝えないようにするには、現職の仕事内容以外のことは話さないことです。さらに、この企業に入社してこういうことをしたい、「5年先はこういったことをしているだろう」、「こういった私の希望が叶うのは御社だけだと思っています」、といったように話をすり替えてポジティブな印象を与えるのです。

  • 近頃、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく、…

  • 現代、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」のほかに、ヘッドハンティング会社をよく見かけるようになりました。特許権を取得した経験のある人は、連絡が来やすくなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許出願を行った人のほかに、「研究開発」における論文を出した人や、「マスコミ」によって注目を浴びた人など、何らかの業績を残したと思われる人を対象に、電話やメールでコンタクトを取り、ヘッドハンティングのためのネタとしています。もしもあなたが、ヘッドハンティングに関する話をされたときには、心当たりがないか考えてみましょう。ここ最近は、ヘッドハンティング名目で登録料を取ろうとする会社があるのですが、そのような業者は当然ながらサギであるので相手しないのが賢明です。基本的に、ヘッドハンティングの世界は、企業側が報酬を支払う形になるので転職希望者がお金を出すことはまずありません。

  • このように昨今の会社や企業の労働背景のめまぐるしい変・・

  • このように今現在の企業の雇用に対する考え方が大きく変わったことに関して、34歳ぐらいまでの若年層が特に関心を持って見ているようです。十中八九今後の転身とキャリアアップを考えているのでしょう。ですので、就業者といった層の労働市場の「流動化」が著しくなっているため、なおさら、将来、若年層以外の層にも転職の関心が増加すると思われます。労働市場の「流動化」の影響で勤め先を変えることはあなたにとって身近なものとなっていくでしょう。「終身雇用制度」が存在したかつては、転職者はそれだけで若干ネガティブなイメージがあり、それで損してしまうことも多くあったのです。しかし時代が変化し今の会社だけに執着する必要がますます無くなってきています。

  • 転職するならば、むろんやりがいのある仕事をすることも大切だ…

  • 転職にあたっては、やりがいのある仕事をすることも大事だけど賃金が上がることも大切なポイントなので「年収サイト」というところに登録して事前に調べています。全く一緒の会社でその上全く同じ職種、社歴であるのにずいぶん人によって幅があることも多くあって、正直なところ面接の際質問したことがあります。面接をした方も一緒のサイトをチェックしていたようで「高い収入で書いているのは、書いた人について察しがついているのですけどね、多分良いように見せようとしてるんですよ。低い方の給料で心の準備をしておいてください」とのことでした。

  • 転職先にて、いきなり年収に関して高望みはしないほうが無難です。

  • 新しい就業先ではすぐに「年間報酬」を高望みしないほうが無難です。ことさら、一年目は大方「研修期間」が入っている会社があります。私の場合、尽力して新しい職を見つけることができたのに、予想と異なり前の職場での年収とあんまり同じ額でした。それに加えて、仕事内容は多忙を極め、責任のある立場で、初年度を乗り越えるのにとても苦労しました。ではどうすればいいのか、転職1年目は、仕事を覚える時期として捉え、十分に転職前に貯金をして気持ちに余裕をもたせた方が良いと思います。

  • 古来より日本には”石の上にも3年”という格言があります。

  • 「石の上にも三年」という諺がありますが、終身雇用制は死語になりつつあります。「転職」は一般的な事柄となってきています。が、「転職」が誰にとっても身近な存在になったからといっても、やたらと仕事を探し、変えてを繰り返すのでは問題です。実際に再就職を検討する際は、まずは良いタイミングを図る必要があります。はじめに、現在の職場・仕事、自分の置かれている立場などに対して嫌だと感じいているポイントを、箇条書きにして最低でも5項目、多くて10項目は探してみてください。こうした作業をしておくことによって、再就職がスムーズになるはずです。そして、もしおおまかな進路が見いだせたら、尻込みせず、今より良い仕事を手に入れるべくがんばりましょう。

  • 今やっている転職する活動の際に「私は経験としてこうい…

  • 転職する活動中に、「これまでこのような職場の仕事をがんばりました」「過去の仕事では、手にした経験は、、、です」と過去の自身の実績をよく伝わるようにアピールする人はときどき目にします。しかし、転職先の再スタートを図る環境下で「させてもらえるのならばこういったことに挑戦したい」「このような内容の業務をするのならできれば貢献したい」と将来的なビジョンでアピールする方が過去を語るよりも聞き手からの反応は良いものになります。この点を意識して、転職活動をがんばってみてください。