転職をする場合、要となるのが「面接」です。

転職活動において、かなり重要なのがまぎれもなく「面接」です。

  • 再就職する際、かなり重要視されるのがまぎれもなく「面接」になります。普通、面接の際は、面接官が応募者に対して転職に至った動機などいくつかのことを尋ねられるとは思います。そして、面接が終盤を迎えるあたりで転職希望をする人からの聞いておきたかったことなどを質問できます。面接官側が、「何か弊社に関して疑問や質問などはありますか・・?」と聞いてくれるわけです。そういった質問をされたとき、緊張しすぎて戸惑う事もありまよすね。こんな場面に備えて、予め不安に思っていることなどの(あなたからの質問を)整理しておくのもいいかもしれません。冷静になればいくつも疑問点は浮かぶはずです。ぜひ、試してみてください。
  • 転職候補先で会社見学しておけば、とても勉強になります。

  • 転職候補に挙がっている会社で見学などがあるとたいへん勉強になります。その中でも、技術を必要とされる業種なら、職人技を近い距離で見られるので楽しいものです。しかし、「職人」がいる会社見学は、ほとんどの場合見学者には、普段の働き方を見せてはくれないものです。例えると、ずばり、ブルーワーカーといわれる肉体労働などのジャンルです。この業種では、独自の感覚を持つ人が多いので入社後でなければ、実際の姿はみえないものです。そのため、会社見学で見たものをすべてだと決めつけないことがとても大切です。ましてや、会社見学の時に仕事体験できる会社は倫理的にアウトですから正直言って、良い会社とは言えません。雇用契約を結んでいない人には万が一ケガなどのトラブルに見舞われたとしても、それに対する保障が無いので、万が一、勧められても角が立たないように断ることが大事です。
  • 看護師という仕事の人のそれと違う職業に転職に至る原因・・

  • 看護師という職業の人のほかの職に転職に至る理由は、その人によりけりです。看護師が他の仕事への転職には「職場環境に気の合わない上司や同僚、お客がいる」「結婚で配偶者のこともあって出産、子育て加えて親の介護など、いくつかの環境の変化など、これまでと同じような働き方が厳しくなってしまった」「今の稼ぎに不満がある」というような悩みが考えられますね。しかし、転職を実際に決断するまえに、どうして転職をしたいとと、頭を冷やしてじっくりと現在の状況を客観的に見つめ直すことも大切なことです。「本当に転職して状況が良くなるのか?」と再考したのち、決断されることを強くお勧めします。
  • 働く中で回復が難しいほど心的に苦痛を感じてしまい、転職しなくてはいけない状況となったなら・・

  • 職場環境が原因で精神的に苦しくなり、転職しなくてはいけない状況に追い込まれたのなら、会社(の関係者)と相談する以上に、自分の家族と相談しながら転職するかどうかを決めたほうがいいです。なぜそのほうが良いのかというと、働くということは自らのためでもありますが、同時に、身内の問題ともいえるのです。毎月、どれだけ高給を得られたからといって、精神面がボロボロになるまで我慢して仕事をすることは良くありません。現代は、金銭的な豊かさよりも、働く当人が働きやすいことを優先する生き方が尊重される時代です。家族や、あなた自らの心身を大切にしていきましょう。
  • 実際に失業保険の給付を振り込んでもらうためには、職を見つけようとしていることが必要なのです。

  • 失業保険の給付については、客観的な意味で、仕事を探している姿勢を見せる必要があります。としても、現実は「ハードワークから解放されたし、しばらくは仕事をせずにゆっくりと過ごしたい」と思う人が多いはずです。なので、本気で次の仕事先を探しているように見せることができるので教えておきます。毎月ハローワークに行って担当スタッフと面談するのは当然ながら必要として、そこで、求人票の閲覧は最低限やってください。まじめに探す気持ちがないときは、求人票を真剣に閲覧しているフリをして、(ハローワーク職員との)面談時に「納得できる条件の仕事ややっていけそうに思える仕事が意に反して無かった」と相手に伝え、次の機会を狙っておけば大丈夫です。
  • 転職活動をしていく人で、次の仕事を始めるまでに時間があるのなら…

  • 年内中に転職活動をしていく人で、次の仕事をはじめるまでに期間がある場合は、可能ならば「失業手当」をもらっておくことをお勧めします。これは勤めている会社がしっかり「雇用保険」を支払っていた場合は、必ず誰しも失業手当を受け取れます。手続きに関しては、「ハローワーク」で行います。もしも自身の都合によって仕事を辞めた場合は、「自己都合」として処理されるので、失業手当を受け取るまでの待機期間が3ヶ月となりますが、会社都合の退職だったり、残業時間次第で即、受け取ることが出来たりもします。このとき、もらえる「失業手当」の金額は、最後に受け取った月の直近の給料を基準にして割り出されるので企業に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の方は、なるべく「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当を受け取る上ではお勧めです。
  • 転職することが、今の会社にいる人たちがそのことを知ってしまう…

  • 転職することを、今勤めている会社の同僚たちがそのことを知ってしまうと、職場の空気が一変することがあります。あなたの置かれている環境によっては、これまで通りに行くこともありますが、やっかまれたり意地悪されることもあるかもしれません。さらに、残業時間を増やされてしまう事があるので、軽々しく転職のことを口にするのはあまり良いとは言えません。上記トラブルを回避するために、現在の職場では、真面目に仕事に取り組んでいましょう。注意をしておくことで、良い雰囲気のまま仕事を辞められるはずです。そして、何の問題もなく円満退職となったなら、転職後も、何かあったとき、アドバイスをもらえるような良好な関係性を持っておくことができます。業種などに関係なく、どのような企業も人とのつながりが大事なので、仕事を辞める前のトラブルは、充分に注意しておきましょう。