この前新しい仕事先を探すために人材バンクに登録をしに足を運びました。

数日前転職の準備をしようと人材紹介会社へ登録に行きました。

先週転職の準備をしておこうと人材紹介会社へ登録に向かいました。そのときカウンセリングを行いに出てきた担当の方がどうも新入社員じゃないかと思う人で、こちらが説明をしていることの3分の1もその社員はわかっていない模様。それでいて「そのキャリアデザインでは厳しいですね」とか「自分の強みについて知っておく必要があります」とか、知ったかぶりに横柄に言うから非常に嫌な気落ちになりました。カウンセリング担当者はそれなりに社会人の経験がある人にしてほしいと感じます。

転職エージェント、そして転職サイトを通じて、転職活動することは現在の常識かもしれません。

転職エージェントと転職サイトを通じて、転職活動するといった方法は最近人気です。しかし、より転職の可能性を高めたいなら、同時に転職フェアに行くのがよいでしょう。転職フェアでは、複数の企業が同時に集まることから、参加されれば複数の企業の情報に触れることができ、それに加え、説明を担当するスタッフから、企業特有の個性を感じられるでしょう。転職フェアに行く際には、面接を受けるのと同じようにしっかりと自分を売り込みましょう。運よくフェアの中で、企業側に必要な人材と思わせることができれば、後に採用面接時にかなり有利になります。

後悔しない転職するとを目指すのなら、事前の行動をしなくてはいけません。

満足できる転職するを希望しているのなら、計画的な情報を集めることが必須です。今では中小零細企業らしくもなく公式サイトで企業のことをわかる会社が普通なので、インターネットを使って気になる点を手に入れるとまたその会社のわからない点などを整理しておくと相手の会社を知るのが容易です。加えて公式サイトのほかに、「転職サイト」を利用するのも良いかもしれません。ただし、インターネットだけに頼るだけでは不十分です。何よりも転職を考えている希望の職場を自分の目で見てチェックしてみることも大切です。

転職するときには、様々な方法で情報を収集するのが通常だと思いますが…

転職活動を開始する際、いろんな経路で情報を得るのが通常だと思いますが、転職系の口コミサイトは非常に有益です。以前、会社の損失となりかねない口コミが掲載されたからということで、サイト運営者に対して損害賠償請求をした事例がありました。辞めさせられた社員の報復によってその種の口コミが投稿されていると見るのが一般的ですが、異なる視点から見ると、口コミの内容が嘘であれば、会社側が対処しなくても良いはず、ともいえます。しかし、実際は『クロ』で「周囲に気づかれたら恥になるから、急いで炎上をしずめよう」という話かもしれません。「口コミサイト」も炎上ネタが増えることで注目されるので黙認しますが、好ましくない内容の口コミが目立つのは、それだけ、入社してから不利益になるリスクが高い地雷企業であると判断して良いでしょう。そもそも、本当に善良な企業であれば煙も立ちません。

再就職をする際の面接で会社側からクールビズでお越しくだ・・

転職時の面接に関してですが会社側からクールビズでも大丈夫ですよと伝えられる場合もあるようですが、なかには、クールビズの格好で面接するのは良くない印象を与えるのではないか?と感じてしまいます。クールビズに関する迷いを懐に抱えている方々に進言したいのは、クールビズで来るように言われた面接の場面では書かれていることをそのまま行動に移したほうが堅いです。色々考えてしまい、汗をかく時期にしっかりとしたスーツを着用していくと相手に不自然に思われますから、企業側からクールビズで良いと言われたらクールビズで良いのです。

就職活動において、年収を無視することは不可能です。

就職活動において、年収は大変重要なポイントです。大半の企業で現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。現実の年収を偽って、多く申告し、多額の年収を確保しようと試みても、無駄な努力でしょう。結局は源泉徴収を提出しなければいけないので、もし一度は信じさせたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、そこでウソがバレてしまいます。ヘタをすると、トラブルに発展する事態にもなりかねないので、現在の会社での年収を正直に申告し、それに釣り合う希望年収額を設定するのが正解です。例をあげれば、今の年収が300万円の人が転職後に500万円となる可能性はまずあり得ません。今の年収が430万円だとすると、希望額は400~450万円と伝えておくのが得策です。ウソの申告は転職活動後のトラブルだけでは済まないこともあり、入社後のトラブルとなって、一時的に入社できたとしても、退職に追いやられる事態になるおそれもあるので、注意しましょう。

転職を行うにあたり、失業保険についての手続きをしなければいけません…

転職をするために今勤務している会社を退社する時に失業保険についての手続きを行う必要がありますが、もしもあなた自身が退職届を出して会社を去る、いわゆる自己都合退職においてはすぐさま失業保険を受け取れるわけではなく手続きが終わった後で失業したことが認められてから3か月経たないともらえない。よく間違って退社した日の翌日から3か月経過すれば給付されると勘違いしている人がいますが、実際に勘違いしてしまった人が、ハローワークのスタッフの方が間違っていると思い込んでそれが原因でハローワークの担当スタッフと過去に口論していたのを見たことがあります。念のため、自分側の都合ではなくリストラのような、「会社都合」での解雇の場合は、失業認定を受けたのちすぐに失業保険が給付されます。