とある古物商の求人に応募したところ、書類審査に受かったの…

とある古物商のお店で、書類審査に合格しました。そ…

  • とある古物商にて、書類審査に受かりました。その後担当者から面接日時を告げられました。それなのに、面接日当日、行ってみると、なぜなのか相手が面接準備を一切していないことに気づきました。しばらく待たされたのち、所長らしき人物が面接担当をしてくれましたが、最初から最後まで、呆れるほどだらしない態度を見せられ、ひとまず面接が終わりました。ですが、予定日になっても結果連絡が一切来ず、もう待ちきれなくなり、私のほうから問い合わせてみると、「郵送で本日送付してあります」と告げられました。しばらく待ちましたが、届くことはありませんでした。また電話をしたところ、「今回は見送らせてもらいました」とそう言われてすぐ、電話を切ってしまいました。私は呆れ果てて言葉も見つかりませんでしたが、率直に、不採用で良かったと感じています。

  • 転職活動中の企業での採用面接での勘違いしている人が多いので…

  • 転職を成功させるための会社の面接に関して、多数の人が考え違いをしているのですが採用をされたいあまりあからさまな猫かぶりは、残念なことに逆効果になる可能性があります。そうならないために思い切って面接時は、「給与」といったような、通常ならかなり質問しづらい内容を勇気を持って率直に質問しておくと、結果的に自身のためになります。信じられないかもしれませんが、「そのような無神経なそういった質問をすることで面接で響くのではないか」と危惧するかもしれません。ところが、意外とプラスの結果になることは結果的にはいい場合が多いようです。こうしたお金・労働環境に関する内容は、多くの人が気になっています。しかし、多くの人が気を遣ってなかなか聞きづらいのも事実です。けれど、あなたがあえて尋ねておくことで「正直な人だな」ということで格好の自己アピールとなるのです。

  • 再就職先でそれまでに身に付けたキャリアを活かせられれば…

  • あたらしい職場でこれまでに培ってきた能力を活用できれば、即戦力として周囲から迎えられ、じきに職場にも馴染めるようになるでしょう。同時に会社サイドも、そういった人材は常に欲しがるものですから、時期さえ良ければ、うまく事が運びやすいといえます。それに加えてかつての仕事内容と同じような職種なら転職はとても楽となります。そういっても、即戦力な人材であったとしても、大手企業の事務系の業務や、公務員(国家・地方ともに)の募集などは、時代や景気に左右されることなく中々の難関ですから、楽観視は禁物です。

  • 転職サイトは大きなサイトであるほど多くの会社が掲載されているため・・

  • 「転職サイト」は、大手が運営していたほうが掲載数も豊富なため、気に入った2~3社を、とりあえずはサイトに登録し、勤務地・年収などの条件を事前に設定しておき、条件に合った求人情報が出てきたら自動的に通知されるように設定しておくと簡単に転職についての情報収集を行うことが可能になります。初めに限っては登録するのに多少時間がかかるので、サイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」をきちんと準備しておき、それらをテキストアプリに記録しておき、コピー・アンド・ペーストしながら、登録を進めると楽になります。初めの登録のときは少し時間がかかることから、案件の検索や、その後の応募も大変に感じるかもしれません。が、次回以降は新規案件のみ確認するだけでよいので、後の応募を考えれば、初回にきちんと準備することを心がけるのが得策です。

  • 女性の転職に際して、ここ最近と数年前では少なからず、違いがあります。

  • 女性が転職する時、セクハラが社会的に問題になる前と今現在とでは若干の変化があるようです。前は面接の場で、結婚の予定や出産後の方針など、当たり前のように質問していました。ですが、今現在の流れとしては、こういった内容は、セクハラに該当するとして聞かない企業、が当たり前になりつつあります。そしてまた、とりわけ大企業ほど、NG質問として全面的に避ける傾向にあります。ですが実際、面接する側としては、YES・NO、といった形ではなく、その人が、結婚後は退職するのか、出産後の細かい予定を当然、知っておきたいと思っています。自身の考えをわかってもらうためにも、自己ピーアールや志望の動機と併せて伝えることで、会社側にも考えが伝わり、また、疑問も解消できると思うのです。ということで、たとえ、質問されていない部分も、先にあなたの方から会社にとっては必要な情報と捉え、答えておくのが良いです。

  • 転職活動のコツは希望している企業そのものより、具体的には「担当面接官」と・・

  • 転職とは、希望先転職先の会社企業というより、採用担当の面接官との勝負といえます。希望する職種に採用してもらえるように、第一歩としてあまり意識せずに焦らずに対応することを心がけましょう。例を挙げるとお見合いをする意識で向かうと面接への余計な緊張が解けるかもしれません。更に大事なことは面接官は最も初めにあなた自身の人間性や人柄をチェックされてしまうので誤解を招くような見た目・言動は注意し避けましょう。品性の有る雰囲気やT・P・Oなどに応じてきちんと整った服装で向かいましょう。オーラを感じさせることができればいいです。面接官に企業に適した人材と認識されれば、かならず転職活動での良い結果が出しやすくなるはずです。

  • 転職の面接にある会社に出向きました。

  • 転職の採用面接にある会社に伺ったときのことです。その日に限ってその会社の会議室や応接室が空いていないというわけで外部のとある場所で面接官と待ち合わせて採用面接が行われ、その場で解散をし、面接担当者も会社に寄ることなくそのまま自宅に帰るとのことでしたが、ビックリしたのは自宅最寄駅が私と一緒。結局は電車内においても彼と一緒におしゃべりをしながらいっしょに帰宅することとなって、おかけで緊張がほぐれ面接しているよりも話が弾んで、それが功を奏したのか無事に採用を獲得することができました。