転職の間は、どうしても、時間が有り余っているため、気が緩んでしま…

転職活動中は、知らず知らずのうちに時間があるため、気が緩んでしまい・・

転職期間中は、つい時間が有り余っている分、気が緩んでしまい、だらけてしまいがちです。でも、そんな生活はできるだけ避けたほうが良いです。それは、気の緩んだ、ダラダラとした生活が当たり前になると、心もダラケテしまうからです。そのうち、仕事をしようとする気力がわかず、経済的に困ってしまうかもしれません。そんな状態になると、悪いサイクルがさらにつづき、転職をしたい会社が見つからなくなります。転職先を決められなくなるのは、お金を最優先に考えてしてしまうからです。給料を一番に考えざるを得ない状況では仕事内容を重視して転職しようと思っていたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。なので、お金に縛られない生活をする意味でも、ダラダラした生活は、意識して避けるようにしてください。

転職活動を現在の仕事と並行している人は少なくありません。

転職活動を現職と並行する人は少なくありません。しかし、仕事をしつつ求人情報をチェックし、さらに応募手続きをし、面接に臨むのは精神面だけでなく肉体面も負担が大きいといえるでしょう。転職活動をしているあいだ、今の仕事の同僚や上司にその動きを悟られないようにしなくてはなりません。「とりあえず応募しておこう」という選択肢もありますが、もしも、そのまま書類選考が通り、面接が決定した後で辞退すれば厄介な事態となるかもしれません。転職エージェントにサポートしてもらって応募していた場合は、エージェントに悪い印象を持たれてしまいますし、そうではなく自身でダイレクトに応募した場合も応募した会社からしつこく電話やメールがあることもあります。どちらにしても自身の貴重な時間をムダにしてしまうおそれもあるので、行く気のない応募は辞めておきましょう。転職活動は新卒の就活とは全く別物であると理解しなければいけません。

転職する場合は面接を受けることがほとんどです。

転職時には、面接をすることになりますよね。人事から「転職の理由は何ですか?」といった形で、ほぼ確実に訊かれるはずです。このとき、どのような訳がであれ、前の職場の働く環境や人づきあいについての愚痴とも受け止められる返答などは、極力口にするのは避けるべきです。此の様な内容の話は、採用の条件としては厳しく、転職のチャンスを棒に振ってしまいます。そのため面接では「前向き」な返答に徹するのがとても大切で、まずは「新しい職場においては、自身の能力を十分に発揮し、真面目に取り組んでいきます。」のような未来志向での返答が大切です。

再就職の面接などの場面で面接担当者に名刺を渡された場合・・

再就職の面接などの場面で面接担当者が名刺を手渡してきた場合、自分も相手の方に名刺を渡す必要があるのかどうかと悩んだ際は、たいがいは渡さなくても良いと覚えておいてください。転職のための面接というものは仕事ではなく、職を得るための就職活動の一環なわけですから、ほとんどは名刺をやりとりする場とは違います。合わせて、会社の人間としてではなく、あなたのことでこの場にいるわけです。という事で、もしも相手側から名刺を差し出されても、こちら側は名刺を受け取るだけでよくて、担当者に相手の方にあげる義務はまったくないと思います。

自分の得意なことや好きなジャンルの仕事に就きたいと思っている方は注意が必要です。

好きなことを仕事にしたいという風に思っている人は注意した方が良いです。これは、私の経験に基づいたことなのですが、私の場合、もともと食べることが大好きでそれが高じて、以前は、レストランに勤めていた時期があります。そのレストランでの仕事内容は、その飲食店で私が任されていた業務内容は、料理の盛り付けや(簡単なもの)ホール業務です。この業務内容に関しては、嫌なこともなく楽しんでいたのですが、人間関係でとても嫌になりました。そのことが理由で、職場を去ることになったのですが、その影響で、あんなに大好きだった食べること、そしてその飲食店でメニューとして扱っていた食べ物も嫌になってしまい、似たような店にはしばらく経った現在も行けません。当時のにおいを思い出すだけで不快な記憶が蘇ります。仕事に就いた頃は、大好きだったものをキライになるなんて今でも信じられません。自分の得意なことや好きな分野の仕事に就きたいと願い、実現させることは素敵だとは思います。しかし、「好き」のレベルはどの程度のものなのか、真面目に自分に尋ねる必要がありそうです。

失業した際にもらえる失業保険は、もらうためには失業中であることが必要ですが、…

失業時に受け取ることができる「失業保険」は、給付されるためには失業中であることが必要ですが、給付される期間について規定があります。失業時までに働いていた期間によって90とか120日とか決定されるのですが、この現実を理解していない人がいます。永久にもらえると思い込んで失業保険で食べていけばいいと考えて遊び続けている人もいますが、保険はあと1ヶ月だけ、という段階で気づいてから焦りつつ職を探し始めても好条件の仕事を見つけるのは至難の業です。転職候補となる会社の面接官も無能ではないので、「いつ頃失業し、どの程度経過し、何をやっていたのか」といった内容は大よその想像が付く。場合によっては、面接時にそういった質問をされるキケンもあります。返答に詰まったり、自身を良く見せようとバレバレの嘘をついてしまうと、受かりません。

時間に融通が効くはずの派遣社員であっても、1年経っ・・

時間に融通が効くはずの派遣社員だからといっても、1年ごとに任意のタイミングで辞められるわけではないと、実際に転職活動を経験して感じました。私は新婚し、生活が落ちついたあとできればすぐに子供を授かりたかったので、子供ができるまでの間のためにおよそ1年半~2年くらい今までのそのまま仕事をしておきたいと思い、就職しました。フルタイムでなく派遣社員だったので、正社員より収入は少なめでしたが、それでも時間的な融通が得られるのでガマンしました。が、入社したあと、一緒に働く人たちのほとんどの方が派遣の仕事を10年や20年ちかくも続けて勤務していたのです。派遣だからといって、すぐに辞められるワケではないと、ちょっと困っています。